入れ歯の治療| 名古屋駅から徒歩3分の歯医者です。歯のトラブルでお困りの方は当医院へご来院ください。

入れ歯の治療
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

診療科目


入れ歯について


様々な原因により已む無く歯が抜けた場合、そのままにしておけば物が食べれないだけでなく、次第に残った歯並びが歪んだり、噛みあう相手を失った歯が伸びてきたりします。よって歯を無くした部位に入れて再び噛めるようにするのが入れ歯です。一般的に入れ歯に対するイメージはあまり良いとは言えません。折角入れ歯を作っても外してしまって使わないという方も多くいらっしゃいます。一般的に痛い、合わない、わずらわしいなどの理由から外してしまう事が多いです。
ではどのような入れ歯が良いのでしょう?
歯を無くした部位の型を採って単純に作っただけの入れ歯では、ルーズでしっかり物を咬むことが出来ないことがあります。
抜かれる前のご自分の歯はどうだったでしょうか?しっかりと骨のなかに埴立し、硬いものを咬んでもびくともしなかったはずです。今では入れ歯の代わりにインプラント治療が普及してきましたが、その理由は元の歯と同様に硬いものを咬んでもびくともしない強固な構造だからです。以上のように物をしっかり噛むということを目指す場合、それがたとえ着脱式の入れ歯であっても非常に強固で頑丈で動かない事が重要と言えます。そのような入れ歯は歯科医師が口腔内の状況を把握し、残りの歯を含めて適格な設計をしたうえで、熟練した入れ歯専門の技工士が入れ歯を制作した場合に初めて達成されます。


入れ歯の種類


部分入れ歯と総入れ歯があります。部分入れ歯は文字通り歯が抜けた部位に部分的に入れる入れ歯です。
総入れ歯は全く歯が無い場合に入れる入れ歯です。


入れ歯の素材(レジン、金属)が違うことにより差があります。
レジンでできた義歯床に硬質レジンでできた人工歯をつけた物が保険の総入れ歯です。
一部に保険適応外のレジンを使用した総入れ歯もあります。


金属床総入れ歯


通常プラスチックでつくる歯茎にあたる部分を、金属で作った総入れ歯です。
レジンという材料は制作する段階でどうしても大きく収縮するため、精密さという点では金属を使用した入れ歯に劣ると言わざるをえません。
金属で作る一番の利点はレジンで作った入れ歯に比べて適合が数段良いということです。そのため入れ歯を入れた場合の装着感は良くなります。また通常のレジンの入れ歯は咬んだ力で割れないためにある程度の厚さが必要です。それと比較して金属を使用した入れ歯は薄く作ることが可能であり、喋りやすく違和感を低減することが可能です。又、強度が高いため、入れ歯の破折の可能性も低下します。

金属の種類にはコバルトクロム、プラチナ、チタンがあり、それぞれ用途に応じて使い分けます。
もちろん歯茎に当たる部分のみ金属で、歯と歯茎は普通の色をしています。



■金属床総入れ歯料金

¥300000〜(1床)


 


マグネット入れ歯


歯の根が何本か残っている場合に、根に磁石を付けて入れ歯の保持を増したものです。 特に下顎の総入れ歯の場合、浮き上がりが少なくなり、より良く噛めるようになります。


インプラントと義歯のコンビネーション



近年では様々な治療法が開発され、単に入れ歯、インプラントと分けることができなくなりました。 インプラントを土台にした入れ歯などは正にその典型と言えます。インプラントを埋入し、その上に入れ歯を入れた場合、その入れ歯は動くことなくしっかりと噛めるようになります。また、複数本のインプラントをブリッジのように繋いで固定する方法に比べ、比較的に費用は安価となります。


部分床義歯(保険)


歯が抜けた部位を補う入れ歯です。
歯に取りつけるクラスプと呼ばれる装置と義歯床、それらをつなぐ連結子で構成されます。(保険適応)


コーヌスクローネデンチャー


土台となる歯に内冠、義歯には外冠という維持装置が組み込まれた入れ歯です。金属のバネが外から見えないだけでなく、たいへんしっかりした入れ歯です。(保険適応外)


コーヌスクローネデンチャー 術前

バネが横から見えます。噛み合わせも低すぎてしっかり噛めない状態でした

バネが横から見えます。噛み合わせも低すぎてしっかり噛めない状態でした


土台の歯が壊れてバネが浮きあがり、入れ歯が動く状態です

土台の歯が壊れてバネが浮きあがり、入れ歯が動く状態です


コーヌスクローネデンチャー 術後

噛み合わせを上げ、適正な顎位になり顔つきも若返りました。下顎は入れ歯の代わりにインプラントを埋入し、奥歯でもしっかり噛めるようになり、噛み合わせが安定しました。

噛み合わせを上げ、適正な顎位になり顔つきも若返りました。下顎は入れ歯の代わりにインプラントを埋入し、奥歯でもしっかり噛めるようになり、噛み合わせが安定しました。


コーヌスクローネの義歯とすることで、見た目が改善されるだけでなく、硬性が高いためしっかり噛むことができるようになりました

コーヌスクローネの義歯とすることで、見た目が改善されるだけでなく、硬性が高いためしっかり噛むことができるようになりました


キャストパーシャルデンチャー


義歯の連結装置、クラスプを金属で鋳造することによって、強固で精密な義歯を作ることができます。
しっかり噛め、装着感に優れることも利点の一つですが、精密であるがゆえに支えとなる歯が長持ちするという利点もあります。(保険適応外)


キャストパーシャルデンチャーの一症例 術前

上下の入れ歯でしっかりご飯が食べれないとのことで来院されました


術前 入れ歯を支えていた歯が虫歯でぐらついていました

術前 入れ歯を支えていた歯が虫歯でぐらついていました


歯の無い部分の土手はやせ細り、入れ歯で咬むと痛みがでます CT撮影で手前の方の骨は高さも幅もインプラントを埋入するには不足していることが判明しました

歯の無い部分の土手はやせ細り、入れ歯で咬むと痛みがでます CT撮影で手前の方の骨は高さも幅もインプラントを埋入するには不足していることが判明しました


正面から見ると左右でゆがんで見えます

正面から見ると左右でゆがんで見えます

入れ歯の歯が摩耗してツルツルになっています これでは噛み砕くことができません

入れ歯の歯が摩耗してツルツルになっています これでは噛み砕くことができません

下の入れ歯は低すぎて上の入れ歯と当たっていません

下の入れ歯は低すぎて上の入れ歯と当たっていません


上下の入れ歯で隙間があります 左では全く物が食べれません

上下の入れ歯で隙間があります 左では全く物が食べれません


キャストパーシャルデンチャー 術後(インプラントとのコンビネーション)

術後 上の総入れ歯

術後 上の総入れ歯


術後 入れ歯を支える歯が左右に傾くのに抵抗するために前歯は連結して強固に固定しました

術後 入れ歯を支える歯が左右に傾くのに抵抗するために前歯は連結して強固に固定しました


術後 下の前歯は部分矯正で整えて、上下できれいに噛めるようにしました

術後 下の前歯は部分矯正で整えて、上下できれいに噛めるようにしました


術後 入れ歯を外したところ 入れ歯が沈み込むのを防止するためにインプラントを埋入しています 短いインプラントしか入らないために念のためインプラントは2本埋入しました

術後 入れ歯を外したところ 入れ歯が沈み込むのを防止するためにインプラントを埋入しています 短いインプラントしか入らないために念のためインプラントは2本埋入しました


術後 上下の入れ歯でバランスを整えて、なんでも噛めるようになりました

術後 上下の入れ歯でバランスを整えて、なんでも噛めるようになりました


詳しく知りたい方はこちら

  • スタッフ紹介
  • 最新の設備
  • 事業所検診のご案内
  • 名古屋駅前みやかわインプラントセンター
  • 求人情報
  • みやかわデンタルクリニック最新歯科情報ブログ