スウェーデン式予防歯科| 名古屋駅から徒歩3分の歯医者です。歯のトラブルでお困りの方は当医院へご来院ください。

予防(歯のクリーニング)について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

診療科目


スウェーデンでは1970年代までは日本と同様に虫歯や歯周病で歯を失う人が多数居ました。そこでスウェーデン政府は大規模な疫学調査を実施し、国民に予防歯科を実践するシステムを確立することで歯を失ってしまう人々を減らすことに成功しました。親は子供が生まれる前から歯を守るための教育受けることができ、乳歯のケアの仕方や永久歯が生えてきた後も歯を失わないための一貫した方法を学ぶ事ができます。又、小さい頃から予防のために歯科を受診することが義務化されています。
日本では健康保険制度に予防の概念が無いため、どうしても痛みや異常が出てから歯科医院を来院するという悪しき習慣が長年続いています。
大人になるまで虫歯が発生しなければ、その後虫歯になる確率はかなり減ります。
しかし虫歯を放置し歯の治療が必要となれば、たとえしっかり治したとしてもかなりの確率で再治療が必要となります。現状のどのような材料を用いて歯を治しても、定期的なメインテナンス無しに長期間壊れずにもつという保証はありません。

歯のまつわる疾患のほとんどは細菌感染によって引き起こされます。「虫歯」「歯周病(歯槽膿漏)」が日本人が歯を失う9割の原因ですが、実際はバイオフィルムと呼ばれる細菌叢が長期間にわたり歯及び歯周組織を破壊することが原因です。通常それらの細菌感染は痛みなどの自覚症状を伴わずゆっくりと進行します。
よって痛みを生じて来院された時には虫歯も歯周病もかなり進行した状態に陥っていることが多いのです。

ではどうすれば虫歯や歯周病を防ぐことが出来るのでしょうか?
まずは自分で歯磨きがしっかり出来るようになること。もう一つは定期的な歯と歯周組織のチェックと歯科衛生士による歯のクリーニング(バイオフィルムの除去)です。これは車の両輪で、どちらが欠けてもいけません。

歯周病の歯周病はメインテナンスをしっかり行うことで、歯周病の進行を止めることや、かなり遅らせることが可能となります。
そのためにはどんな事が必要なのか?自宅でどんな道具を使えばよいのか?
一人一人に正しい磨き方やお口のケアの仕方を習得していただくことで、効果的に虫歯も歯周病も減らすことができます。
虫歯に関しての予防はフッ素塗布がたいへん効果があります。
フッ素と一口に言っても乳幼児から小児期、成人、高齢者でフッ素の使い方は違います。
詳しくは担当歯科衛生士にお尋ね下さい。



以上のように、現在虫歯や歯槽膿漏が無い方、またはお口の中の治療を一通り終えられた方々に対してその状態をキープするために定期的なチェックまたはメインテナンスが必要です。

当院におきましては通常の健康保険による虫歯や歯周病の検査のほかに、有償にてカリエスリスク検査、口腔内細菌検査を行い患者様一人一人のお口の状態を調べることによって、今後のリスク判定を行います。


詳しく知りたい方はこちら

  • スタッフ紹介
  • 最新の設備
  • 事業所検診のご案内
  • 名古屋駅前みやかわインプラントセンター
  • 求人情報
  • みやかわデンタルクリニック最新歯科情報ブログ