ひどい虫歯の治療| 名古屋駅から徒歩3分の歯医者です。歯のトラブルでお困りの方は当医院へご来院ください。

ひどい虫歯の治療
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

診療科目


口中がひどい虫歯で、ガタガタの方


虫歯は感染症です。そのためお口のどこかに出来てしまった、たった一か所の虫歯がやがて他の歯にも唾液を介して菌が移って行きます。
そうして虫歯が何か所も多発的に発生すると、口の中の細菌数は膨大なものになり、
いよいよ虫歯に成りやすくなるという悪循環に陥ります。
虫歯に対して色々な治療法が開発されてきていますが、
重症の虫歯に対しては残念ながら削って詰める、又は被せるという方法しか
残されていません。

多数歯に渡る虫歯の発生には細菌学的なものの他にも、様々な環境的な要因があります。
「過去の治療で非常に怖い思いをした」、「虫歯がひどいので歯医者に口を見せるのが恥ずかしい」、「仕事が忙しくて治療の機会を逃してしまった」など様々です。

一本二本の虫歯ではそれほど気にすることは無くても、口の中で大規模に虫歯が進行すると、
人に見られるのを気に病んでしまったりして人と接する事に消極的にさえなってしまう場合もありますし、口臭の発生や食事が困難になってしまうことなど日常生活に多大な影響を及ぼします。


受診に際しても歯科医師に叱られるのではないか?とか、医院のスタッフに口の中を見られるのが
恥ずかしい等の理由でなかなか歯医者に行けないという方は意外と多いものです。

でも、やはり治療しない事には治りません。
そのような場合はまずは診断のみ行うという形で受診される事をお勧めします。
まず歯科医師としっかりコミュニケーションを取り、どの様な状態で、どういう治療法があるのか等を
しっかり話し合う事から始めましょう。


悪い歯はみんな抜いてしまうの?


過去には重症の虫歯は抜いて入れ歯やブリッジにする方法が主流でした。しかし、現在はできるだけ多く自分の歯を残す方向に歯科の治療方法は進んでいます。そしてその方法も近年いろいろ開発されてきました。
ひどい虫歯の状態でも、全体的に診断を立てて、総合的な治療をすれば、歯を抜くことを最小限にして、良い状態にすることができます。
健康保険では認められていませんが、MTM(注1)、クラウンレングスニング(注2)等の方法を駆使することにより、従来であれば抜歯と判定された歯であっても、抜かずに機能させる事が可能な場合もあります。
ただしそれらの方法も万能ではありません。一定の条件を満たしている場合に使える手段です。限度を超えている場合は以上のような方法を用いても歯を抜かざるを得ない場合もあります。

※歯科用語の解説※

被せ物(冠)をしっかりと歯の根で支えるために、被せ物の縁が全周にわたり健全な歯の部分を覆うことが重要です。
この条件を満たすことは被せ物の寿命を延ばすことができます。

(注1)MTM(Minor tooth movement)
部分的な歯科矯正のこと。
健全な歯の根を骨から引っ張り出し、被せ物の縁が健全な歯の部分を覆えるようにします。

(注2)クラウンレングスニング
歯冠長延長術のこと。
骨と歯茎を整形し、健全な歯の部分を露出させます。


重度の虫歯 治療前

ケース1 重度の虫歯 治療前

前歯部クラウンレングスニングにより歯を保存

ケース1 前歯部クラウンレングスニングにより歯を保存

ケース2 重度の虫歯とブラッシング不良がみられます

ケース2 セラミックブリッジで見た目の改善を計画します

ケース2 全体のバランスを見ながら被せ物をデザインします

ケース2 歯肉の炎症もありません


詳しく知りたい方はこちら

  • スタッフ紹介
  • 最新の設備
  • 事業所検診のご案内
  • 名古屋駅前みやかわインプラントセンター
  • 求人情報
  • みやかわデンタルクリニック最新歯科情報ブログ