設備投資いろいろ その3 カボのインプランター| 名古屋駅から徒歩3分の歯医者です。歯のトラブルでお困りの方は当医院へご来院ください。

医院のコラム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医院のコラム


もう6月。今更昨年末の設備投資の話もなんだかなという感じですが。他に書くこともないので書き足します。さて年末に購入した右の写真の商品は、歯科医師にしか分からない密かに贅沢な一品です。私の医院では開業当初からインプラント手術を行っておりますが、最近までその頃に購入した京セラのインプラントモーターを大切に大切に長年愛用しておりました。中身はNSKのモーターとハンドピースで、これはこれで安価な割にしっかりしていてとても使いやすかったのですが、長年の酷使でだいぶんくたびれてきていたのです。
ところで歯科で使う歯を削る道具は色々ありますが、誰もが聞いたことのある「キュイーン」とか「キーン」という高周波な音を発するやつは「タービン」といいます。これは一秒間に20~30万回転して歯を削る道具ですが、精密に歯を削る時には無くてはならないものです。車のターボと原理は一緒で圧縮空気で中の軸を超高速回転させてドリルを回すので、硬い歯もストレス無く削れます。しかし、空気で回しているので少し強く歯に押し当てるとドリルの回転は止まってしまいます。この回ろうという力をトルクと言いますが、歯科用のタービンはとてもトルクが小さいので、歯を少しづつ削るのに向いてはいますが、他の作業には使えません。その他に歯を削るものにエンジンと呼ばれる歯科用モーターがあります。モーターなのでタービンに比べてトルクがあり、例えば虫歯の部位をゴリゴリ削るとか、顎の骨を少し削るなどの場合に使えます。しかし、普通のモーターではインプラント治療はできません。
インプラントで使うドリルはふつうのモーターで使うドリルの何倍もの直径があるので、インプラントのドリルをインプラント専用でないモーターで回すと、骨に押し付けた瞬間にあっさり止まります。
逆に言うとインプラント用モーターはものすごいトルクを発揮するということですね。それだけ強い力をもつだけに、オペを繰り返していくうちにハンドピースにガタが出やすくなります。
今まではそんな京セラのインプランターをガタが出るたびに修理を繰り返して使ってきましたが、やっぱり一度は憧れのKAVOを使いたい!!!ということで買ってみたところ。。。超感激です。
なんといいますか、旧型のミニクーパー(乗ってる人失礼!僕も乗ってます)からレクサスの高いのに乗り換えたくらい違います。何が違うかと言えば、、、何て表現して良いか分かりませんが、モーターの回り方がとても緻密といいますか、すごくスムーズでしっかり制御された感じです。そしてハンドピースの出来の良いこと!その昔、高校の同級生が国内の大手ボールベアリングメーカーに勤めていて、タービンやエンジンで使うベアリングの話を聞いたのですが、国産メーカーで使うベアリングに比べてKavoのベアリングは真円度が極めて高く真似できないと聞いたことがあります。コストの問題かもしれませんが、違いを使って実感しました。ものすごくしっかりしていてまったくブレない!これはオペに集中できます。なんとなくドイツ製の物に惹かれるのはこの辺の違いを実感するからですかね。最近のNSKのエンジンはもっと良くなっているかもしれないけどどうなんだろう?




  • スタッフ紹介
  • 最新の設備
  • 事業所検診のご案内
  • 名古屋駅前みやかわインプラントセンター
  • 求人情報
  • みやかわデンタルクリニック最新歯科情報ブログ